我が家のワンワンDIARY

トイプードルのマロン、ヨークシャテリアのココ、ボルゾイのマリア、オキナインコのもも、オカメインコのヨッシー。実家に居るチワワの雛、パピヨン×チワワのプリン、ボーダーコリーの風花。この子達との毎日を娘と二人で綴って行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悲しい思い出!

★ 悲しい思い出 ★

 プリンが母の所に来る前、悲しい事が3度続いた。




 ポメラニアンの『有希ちゃん』
   1度も抱いてやれないまま、2ヶ月も生きられないで天国に行ってしまった。
   埼玉のブリーダーさんが、成長を動画や写真で知らせてくれていたんだけど、
    生まれつき弱くて、もうダメもうダメと何度も連絡があった。
   でもその危機を乗り越えて頑張ってくれていたけど、ダメだった。
   



ルック・ミィ

 有希ちゃんのことがかなりショックで、立ち直る為には、
    早くパピーを迎えないと・・・と考え
    滋賀県のブリーダーさんに譲って頂くことに成った子です。
   少し小さいので3ヶ月までブリーダーさん宅で育てて頂くことにしました。
   2ヶ月を少し過ぎた時、小さい子に多い低血糖で天国に行ってしまいました。




みるく

 2度もショックなことが続いて、フラッと近所の犬屋さん
    (ペットショップではなく犬屋って感じのお店)を覗いたら。
   生後44日のチワワの女の子が居た!
   あまりにも小さく、可哀想で買ってしまいました。
   それから2週間『みるく』と名付けたこの子も天国に旅立ちました。
   ジステンパーで、苦しんで苦しんで旅立ちました。
   最初はジステンパーで無いことを願いましたが、
    獣医さんから犬の卸場を経由した子犬にジステンパーが
    かなり出ていると聞かされ、みるくも市場で仕入れられた子だったので
    事実を受け入れました。
   1週間以上母と交代で徹夜で看病しまたが、苦労は報われませんでした。
   可愛かったみるく!元気で一緒に暮らせたのはたった1週間!
   でもその1週間にたくさんの思い出を残してくれました。
   思い出すと涙が出てきます・・・助けたかったのに・・・
   小さい命は弱いんですネ。
   
   みるくが居なくなった後も、マロン・ココ・雛・マリアに移ってないかと
    心配な日々が続きました、辛い数ヶ月でした。
   幸いにも感染はなく皆元気で暮らしていますが、その時その犬屋さんにいた
    10匹近いパピーはほとんど感染していたそうです。
    母犬から引き離されて、怖い寂しい思いをして死んでいったのです。
    そんな子達がどれ程いるのでしょうか?

   そして一昨年の12月、やっと元気なプリンがやって来ました
   プリンのブリーダーさんもとっても良い人で、
    3ヶ月過ぎるまで預かって下さいました!
   子犬にとっては親元で育つ時間が長いほど、安全ですからネ!
   プリンは母の数十年の犬との生活の中で、1番可愛いという子です!
   やっと巡り会えた子だからなのでしょうネ! 
   
スポンサーサイト


  1. 2009/04/05(日) 23:39:00|
  2. プリン(パピヨン×チワワ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

やきもち! | ホーム | 今日の被害者!

コメント

ガブッチョままsanへ

http://blog.goo.ne.jp/lejon/←御留学されてた○○○○君のブログです!
マリア飼う前に、ドックショウで会って、魅了されました。
まだ日本でのチャンピオン完成前だったんだけど、凄い美しさとオーラでしたヨ~v-352
○○○○君のパピーが欲しかったけど、マリア4匹位のお値段で・・・諦めました!
ま~そのおかげでマリアと出会えて、感謝感謝v-364
  1. 2009/04/10(金) 09:34:17 |
  2. URL |
  3. To ガブッチョままsan #ZiV9VP8M |
  4. 編集

「留学」の子じゃないと思うe-263
  1. 2009/04/09(木) 13:03:27 |
  2. URL |
  3. ガブッチョ ママ #J56ENxUI |
  4. 編集

ガブッチョままsanへ

人間なら助かるだろうに…
犬の医療が遅れている事を、思い知らされました。
誰か犬の病気の研究、もっと頑張ってくだサ~イ!!!

L●●N君って昨年北欧に御留学なさってた貴公子~?ですかv-405
  1. 2009/04/09(木) 11:31:34 |
  2. URL |
  3. To ガブッチョままsan #ZiV9VP8M |
  4. 編集

phary さんへ

私は子どもの頃から20匹以上の犬を飼いました。
でもこんな経験は初めてです。
4年程前から動物の販売に免許が必要になり、プロの繁殖家からしか犬を買えなくなりました。
1才にもなっていないのに出産させられたり、年2回の出産を5年も6年もさせられたり・・・
そんな親の子は弱い子が多いそうです。
プリンは小さなブリーダーさんの所の子だったので、とても良い環境で生まれた子です。
でもそこでも30匹位の親犬達がいました!
普通の家庭で飼われている子から、生まれたパピーなら、こんな悲しい事は決して起こらないのに・・・
  1. 2009/04/09(木) 11:17:44 |
  2. URL |
  3. To phary さん #ZiV9VP8M |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/04/06(月) 21:48:06 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

そんなに大変な事が続いたんですね。最近はパルボ感染症が流行っているとか・・・
伝染病なんかなくなればいいのにね・・・・v-390
  1. 2009/04/06(月) 21:44:18 |
  2. URL |
  3. ガブッチョ ママ #J56ENxUI |
  4. 編集

小さいわんちゃんがこれほど簡単に命を落とすとは思っても見ませんでした。
こうしてみるとうちで飼ったわんこはみんなラッキーな子だったのですね。
  1. 2009/04/06(月) 06:37:26 |
  2. URL |
  3. phary #nlhry96Y |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maroncocomaria.blog110.fc2.com/tb.php/77-807fd25f

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。